それぞれのANAカードに応じたマイルの貯まり方としては、毎年継続することによって貰えるボーナスマイルやショッピングなどの利用額に応じて付与されるマイルなどがあります。

ですから、飛行機会社の名前が頭につくANAカードだからといって、必ずしも飛行機に搭乗する必要はないということです。これらANAカードは他のカード...例えばフライトマイルとEDY利用時のみマイルが貰えるものと比較すると、遥かにマイルが貯まる機会が多くなっております。

その一つがボーナスマイルというもので、これは入会時と毎年継続することでANAカードによってそれぞれ1000マイルから5000マイルがもらえます。

さらに、ANAカードはクレジットカードでもありますので、100円のショッピングで1マイル加算される他、交通費や光熱費、新聞代、ネットや電話の料金などもまとめてANAカードでクレジット払いにすることで、知らない内にどんどんマイルが貯まっていくことになります。

ここで一つ注意したいのは、貯まったポイントをマイルに変換するには移行手数料が取られるということ、その手数料は同じANAカードでも、それぞれに違っているということです。